M&Aトピックス

MARR MATCHING(マールマッチング)利用者数1000名を突破

2021年9月7日

~買い手は法人様のみが利用。登録の5割が役員以上~

レコフデータ(所在地:東京都千代田区麹町)が運営するM&Aマッチングプラットフォーム「MARR MATCHING(マールマッチング)」(https://www.marr-match.jp/)の累計会員数が2021年8月に1000名を超えました。
当サイトは、東証一部上場グループのネットワークを活かしたM&Aマッチング支援サービスです。ご利用者は、売り手、買い手、売り手アドバイザーと多岐にわたる事業者様にご利用いただいております。この度、2020年10月1日から開始しております『マールマッチング』の会員登録者数が、M&A普及で多くのお引き合いもあり、お陰様で累計1000名を突破いたしました。




マールマッチングの特徴

〇サイト利用料は売り手、買い手ともに無料です。
〇買い手は法人限定です。
〇買い手はM&A成約時に成功報酬のみお支払いいただきます。
〇グループのネットワークを生かした優良案件が掲載されています。

「マールマッチング」の利用について

マールマッチングは、売り手は法人企業または事業主、買い手は法人企業のみが登録できるサイトです。買い手は法人企業のみのご利用ですので、売り手は安心してご利用いただけます。ご登録にあたり一定の審査がございます。また、売り手は譲渡案件登録、買い手はニーズ登録および企業情報登録が必須です。登録された案件は、匿名の状態で掲載され、オンライン上での秘密保持締結後に実名が開示される流れとなります。


現在のマーケット状況

日本企業のM&A件数は、2019年に4088件と初めて4000件を超え、過去最多を記録しました。2020年は3730件と新型コロナの影響がありつつも、2021年1-6月は過去最高となり、依然としてM&Aを活用する意欲の高まりが強いことが伺えます。 事業ポートフォリオ組み替えの買収、売却の進展、海外へ成長を求めるM&Aやイノベーション創出に向けたベンチャー投資も活発化だけでなく、事業承継手法としてM&Aが有効活用されるようになり、M&A市場が拡大しています。

経済産業省・中小企業庁は2019年12月、M&Aで10年間・60万者の第三者承継を目指し、「第三者承継支援総合パッケージ」を発表しました。これは、従来の親族内承継や従業員への承継から「第三者承継(M&A)」に軸を移した画期的な政策転換といえます。その後も2020年3月「中小M&Aガイドライン」の発表、2021年4月に「中小M&A推進計画」を発表しています。 レコフデータは、日本で唯一のM&A専門月刊誌「MARR(マール)」を発行し、2021年1月で26年目を迎えました。

「マール」における公共性・中立性、信頼性のもと、M&A市場における役割の一つとして、これまで培ってきた様々なネットワーク、グループのノウハウを生かして中小企業の事業承継支援を行うべく、「M&Aマッチングプラットフォーム」の運営を開始することにいたしました。レコフデータは中小企業の事業承継問題の解決だけでなく、成長戦略としてのM&A活用に貢献していきます。