M&Aとは

買い手のメリット・デメリット

本ページでは、「買い手側から見るメリット・デメリット」について解説します。
メリット
1.事業拡大

売り手企業から事業を譲り受けることにより、買い手企業はまず「事業拡大」というメリットを享受します。

メリットの内訳には、
・事業を軌道に乗せるまでに要する「時間」
・経営に関する「リスクの軽減」
・売り手企業が持っている「人材やノウハウ・技術や販路」の獲得
という面が含まれます。

買い手企業は、M&Aによって、より事業を拡大していきたいというポジティブな理由からM&Aを検討しますので、事業を統合した際に、いかに相乗効果を生みだせるかという点を重視しています。

2.リスクの分散

買い手企業が複数の事業を有している場合は、「リスクの分散」という意味でのM&Aもあります。

有事の際などに、1つの根幹事業だけで会社全体が共倒れにならないよう、リスクに備えて多角的に事業を展開できる点も、買い手企業がM&Aを行うメリットといえます。

その他にも、従業員・取引先や仕入れ先・金融機関の側からみても、企業成長・収益向上に繋がる中長期のM&A戦略の必要性は日に日に高まっていると言えます。
デメリット
1.簿外債務の可能性

M&Aの実行後に、貸借対照表上に記載されていない簿外債務が発覚し、問題となるケースがあります。

買収先企業の財務又は法務のリスク確認は、譲渡実行前のデュー・デリジェンス(買収監査)で確認する事が一般的です。デュー・デリジェンスは限られた時間の中で実施するため、売り手の全てを把握することは難しいです。そのため、開示情報の真実性・正確性等について、売り手に表明し保証してもらうことが一般的です。

M&Aは第三者との交渉が基本なので、交渉が始まってからはお互いの意思疎通に不安を感じたり、想いの強さや重点を置くべきポイントに違和感を覚えたりする場面もあるかもしれません。ですが、それは当然のことで、これまで関わりのなかった企業との交渉ですから、相性の良し悪しはあるものと思います。しかしながら、相手に魅力を感じるのであれば、お互いの意見や展望をより擦り合わせていくためにも、会社の魅力・譲れないポイント等はあらかじめまとめておくことが重要です。

買い手も時間と労力を割いて、それでも事業の将来性に投資しようと、M&Aに向き合っています。

譲り渡す側もそれは同様で、正しい情報を開示し、お互いが真摯に向き合うところから、M&Aはスタートするのではないでしょうか。
他にもこのような記事が見られています
・M&Aとは ~売り手メリット・デメリット~

・M&Aの手法